smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
時をかける少女
時をかける少女 (JUGEMレビュー »)

「深町」って苗字はすげーかっこいいとおもう。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

いいものを買った!寺山のエッセイは、どこかしら埃にまみれた、乾いた感じがするのですてきだ。
recommend
欲望図鑑
欲望図鑑 (JUGEMレビュー »)
及川光博, 真由美ベイベー, 田辺恵二, 高野康弘
名盤。恥ずかしくて聴いてられない!点では岡村ちゃんの「家庭教師」と並ぶ。
ミッチーほんとかっこいい。
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

夕凪の〜

せっかくだから、2005年中に観た映画もカウントしてみようかなと思った次第。


○「真夜中の弥次さん喜多さん」
→サントラも買った。今一度云う、向井と相撲を取ってる長瀬君が羨ましい。進凛々しい。
○「タナカヒロシのすべて」
→矢沢心がエロくてすてきだった。進の悪いスーツは眼福。
○「交渉人 真下正義」
→進がえらいことすてきだった。進の場面とユースケの場面で緩急がついた。
○「カスタムメイド10.30」
→Vシネの脇役っぽい進。カエラちゃんはこの劇中歌みたいな曲を唄えばいいのに。
○「リンダリンダリンダ」
→Base ball bearよりパーマンラウムの方が好きです。ぺドゥナかわいいよ。
○「アイランド」
→こういう壮大な映画っておもしれーな!と久々に思った。
○「シャーリーテンプル・ジャポン」
→すっとぼけろすっとぼけろ!打って変わってすごく小さな映画。ヘンだった。
以上劇場。
○「ナイト・オン・ザ・プラネット」
→ウィノナがかわいい。どの話もはずれなくすてきだ。邦題の勝利。
○「息子の部屋」
→分析医は家族の死にいかに立ち向うか?レポート用に観た。
○「仕立屋の恋」
→レポート用。切なかった。この頃から多分映画の中の女が嫌いになっていったのかなと。
○「吾輩はカモである」
→邦題の勝利、帝王。無茶苦茶で面白かった。
○「赤ちゃん教育」
→スーザンが本当に嫌な奴でマジでムカついて上映中に不貞寝した。嫌いな映画。
○「アパートの鍵貸します」
→はじめてのビリー・ワイルダー。泥臭いアーバンコメディだと思った。すきな映画。
○「スヌーピーの大冒険」
→ペパーミント・パティのはすっぱな感じがすきだ!

こんだけしか観てないのかー。
まあVシネは抜いてあるけどな。
Vシネ入れたら+3本くらい。
今年はもうちょっといっぱい観よう。

at 13:12, 虚無, 2005総括

comments(0), trackbacks(0)

多事騒論

えー。
コミックの方でも振り返りたいと思います。ここは手短に。スパッと。

今年の一冊、というテーマで振り返ってみましょう。
ここではシリーズ、続刊ものは省きます。そうなると本当に手が付けられないので。
となるともう、ここは。
「偉いこっちゃ!」「僕の小規模な失敗」の一騎打ちですね!

どっちも、「面白かった」以外の、または「面白かった」以上の何かを残してくれました。
刊行されたのも今年だしね。
音楽と違って、マンガは結構その年その年のものを買います。

「偉いこっちゃ」は、人に借りた(というか結果的に戴いた)月刊マガジンに連載されてたものです。
その異彩の放ちようったらなかった。よくこれが載ってるなあと思った。
読めば読むほどまとわりついてくるこの違和感、というか。変さ!
本屋さんでコミックスを見つけたときは震えました。

「小規模な失敗」はねー。
バイト先にあったアックスを、ちらちらと読んでたらなんか絵がごちゃごちゃしてるけど線がすっきりしてて、なんか気になる話があった。それが「映画『ファイトクラブ』の真似をする」の回だったのだ。
でも普段はアックスを読んだりしてなかったのでそのまま忘れてた。
そしたら本屋さんで「カワイコちゃんを2度見る」、「まだ旅立ってもいないのに」を発見。どこかで見たことある絵柄だなー。あー、あのアックスの人だー。あの話かもしれーん。買いー。
っつーことで買ったんだが、「『ファイトクラブ』の真似を〜」という話は載ってなかった。
そして一ヵ月後やなんやらそれくらいの月日を経て、「僕の小規模な失敗」が発売!
読んだ。
震えた。
なんてつーマンガだ。最初読んだときすこし泣いた。
ずしずし響きました。
いやあ素晴らしい!乾杯!

選べませんね!という訳で上記二冊を。

あとはまあシリーズものやなんか。
「げんしけん」/木尾士目
→これはねー。冬コミ行くくらいにはずっぱまりしましたから!「くじアン」含め、割と金も落としましたしね!しかし木尾士目はすごいね。イマイチ未熟な年頃の内面を描く天才!

「ハトのおよめさん」/ハグキ
→ついに買って仕舞った!という感じ。ヴィレッジヴァンガードで見かけて気になってたんだよー。マンガに金払いのいいときだったのでついつい。でも買って正解だった。ハトよめのように生きたい。

「苺ましまろ」/ばらスィー
→かわいい。とにかくかわいい。んで、おもしろい。こんなに強いことってそんなにないよね。いや、かわいいよ。一歩間違えるだけで犯罪だけど。あのギリギリ感。

「放浪息子」/志村貴子
→志村貴子もはまりました。絵がキレイー。白っぽくてしっかりしてる。「ぼくは、おんなのこ」「どうにかなる日々」も買っちゃった。なんだろうこのせつなかったりくるしかったりする感じを描くのがすごく上手で、いつもどきどきさせられる。「コミック星新一/午後の恐竜」もよかった。

「愛と青春の成り立ち」/川崎ぶら、秋重学
→スピリッツの、もう読みきりなんじゃないかってくらいの、不定期連載だったものがついに!もう5年くらい、いや、もっと待った気もした。バンドもの。最初の方の絵がすきだ。後半はなんか違っちゃってかなしい。

「性的人間」/のぞむよしお
→これも元々はスピリッツの増刊で連載してたなあ。ということで買い!童貞マンガの金字塔。これねー、話だけじゃなく絵もすごいよね。


あと、「おしゃれ手帖」のマネもよくしました。

以上でございます。

at 02:09, 虚無, 2005総括

comments(0), trackbacks(0)

Heaven 2005

駆け込むように、今年のことを振り返っていきたいと思います。少しずつ。
まずは音楽から。

「++黄昏メルトダウン++」さんの「★★2005年自分内MUSIC AWARD★★」を!

拝借いたしました、ありがとうございます。
続きを読む >>

at 21:47, 虚無, 2005総括

comments(0), trackbacks(0)